あなたは【誤った英会話習得法】をやっていませんか? 英語 勉強 方法 リスニング

2020年01月13日

ディクテーション、音読で、脳の前頭前野を活性化!

ディクテーション、音読で、前頭前野を活性化!
やる気満々の時は、色々なことを何でもやっていきませんか?
あなたに最適な学習パターンができあがるはずです。

<やる気満々の時>
勉強方法のあるべき姿をしては、このやる気満々状態を維持することが基本です。
そのためには、しっかり工夫してください。ここでは、省略します。


ディクテーションとは、聴いた英語を一度止めて、書きとることです。一般に、このディクテーションがリスニングには最も効果があるとされています。

管理人も経験的にディクテーションの効果は実感しております。ただ、かなりの集中力を求められるため、やる気満々でないと難しいかもしれません。


また、語学学習を効率的に行うためには、脳科学的に考えると前頭前野を鍛えることが重要と言われています。

前頭前野の活性化のためには、良いとされているもので、リスニングの勉強にも繋がるものとして、以下のものが挙げられます。
1.音読(計算なども効果があるとされている)
2.コミュニケーション
3.手指を動かして何かを作ること


効率重視の英語の勉強方法とは、自分の持つ全ての機能や器官を総動員するというものです。聴く、話す、書く、読む、イメージする、などなどです。
耳、口、手、目、脳といった器官を活用して相乗効果を上げます。

音読とは、声を出して英語を読むことを言います。音読は、脳の前頭前野を活性化してあなたの学習効果を高めます。

聴いた英語をそのまま口でつぶやくことをシャドウイングと言います。
そして、聴いた英語を一度止めて、その間に、聴いた英語を自分で発声することをリピーティングと言います。

リスニングが重要だから、聞くだけで良い、聞くだけに集中するという考え方でなく全ての器官を活用することが重要とされています。

やるき満々の時は、ドンドン積極的にやっていきましょう。


posted by 英語 勉強 方法でリスニングをマスター君 at 20:30| ディクテーション、音読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■本当に効果があるの?
■ 気になる「聞き流すだけ」の英語教材が10日間試せる!!
英語 勉強 方法 リスニング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。